日本シェリング協会/Schelling-Gesellschaft Japan
Deutsch
ホーム
協会紹介
協会略史
協会会則
役員/事務局
シェリング年報
シェリング論集
シェリング著作集
文献目録(邦語)
データベース
会員活動情報
シェリング・ゼミナール
研究奨励賞報告
入会申込
年次大会 
問い合わせ
関連リンク
Schelling im Jahre 1801
日本シェリング協会ウェブサイトへようこそ

・2024年度大会につきまして、一般研究発表の枠に余裕がありますので、5月19日(日)まで締め切りを延長します。皆様のお申し込みをお待ちしております。〔24/05/07〕

・2024年度大会のお知らせと研究発表募集のお知らせ
第33回の学術大会を2024年7月6日・7日に富山大学で開催します。今年度は対面会場のみで開催します。一般研究発表を希望される方は、5月6日(月)までに、発表タイトル(日本語と欧文の両方)および氏名(所属・分野)を明記した1,000字程度の日本語要旨を事務局にメールないしは郵送でご提出ください。
 ※発表時間は、質疑応答を含めて40分です。
 ※発表者は日本シェリング協会会員に限ります。未入会の方は、発表申込みとあわせて入会申込みをしてくださるようお願いいたします。〔24/03/02〕

・第20回研究奨励賞候補者の推薦のお願い
2024年度の研究奨励賞候補者の推薦(自薦・他薦)をお願いします。締め切りは2024年3月末です。詳しくはこちらをご参照ください。〔24/03/02〕

シェリング・ゼミナールのお知らせ
2024年6月14日(金)19時半~21時半 イアン・H・グラント『シェリング以後の自然哲学』浅沼光樹訳、合評会(詳細は左のバナーの「シェリング・ゼミナール」をご覧ください。〔24/03/02〕

・日本シェリング協会の最新号(第31号)がJ-stageで刊行されました。

常時、企画の提案をお待ちしております。
 学術大会やゼミナールなどに関して、会員(特に若手会員)の皆様からの積極的な企画の提案をお待ちしております。事務局までご連絡ください。〔22/12/21〕

国際シェリング会議・日本大会のご報告
国際シェリング会議「自然―歴史―芸術 人新世の時代のシェリング哲学」を、
2023年12月1~3日に東京大学にて開催しました。プログラムはこちら〔24/03/02〕

・講演会のご報告
 4月22日(土)10時(大西洋標準時間21日18時)より、Marcela García教授(米国ロヨラ・メリーマウント大学)による2時間程度の講演会をZoomにて開催しました。〔23/03/02〕

・人文・社会科学系学協会連合連絡会は、2020年11月6日(金)午前10時30分より日本記者クラブにて記者会見を行い、内閣総理大臣に対して日本学術会議会員の任命拒否の撤回、および拒否理由の説明を求める「共同声明」を発表しました。当協会は、本声明に理事会名にて賛同しています。〔2020年11月7日〕

会員のみなさまの学術活動について協会サイトに掲載していますので、
ぜひとも情報を事務局までお寄せ下さい。
※事務局の連絡先は、左のメニューの「問い合わせ」をご覧下さい。


       Copyright (C) 2003 Schelling-Gesellschaft Japan.