第60回シェリング・ゼミナール
 日時:8月5日(土)13時30分~17時30分
 プログラム:
 合評会 藤井俊之(京都大学)『啓蒙と神話:アドルノにおける人間性の形象』航思社
 *代表質問者:小野文生(同志社大学)
 研究報告 菅井佳乃(立命館大学)「シェリングの『自由論』に関する実存的解釈」
 場所:大阪学院大学17号館1階 FACULTY LOUNGE Reception A
 *正門から入って正面に見える時計台のある建物です。

 日本ヘーゲル学会第25回研究大会(同志社大学今出川キャンパス)のシンポジウム
 「『差異論文』をめぐって──思想史的コンテクストの中で」において、

 久保陽一会員と座小田豊会員がパネリストとして登壇されます
 (2017617日(土)14:3017:00、弘風館3階、K31番教室)。

 また、同大会の最新研究サーベイ「ヘーゲル講義録入門」において、
 松岡健一郎会員がコメンテーターを務められます
 (618日(日)13:0015:00、弘風館3階)。

 詳しくはヘーゲル学会のサイトをご覧下さい。
 http://hegel.jp/

 堀朋平会員が訳書を出版されました(20174月)。

 ハンス=ヨアヒム・ヒンリヒセン(著)
 『フランツ・シューベルト あるリアリストの音楽的肖像』

 https://artespublishing.com/shop/books/86559-159-0/

 
 岡村康夫会員が著書を出版されました(2017年4月)。
 『シェリング哲学の躓き 『世界時代』の構想の挫折とその超克』
 http://www.showado-kyoto.jp/book/b279779.html
 
 八幡さくら会員が著書を出版されました(20172月)。
 『シェリング芸術哲学における構想力』
http://www.koyoshobo.co.jp/booklist/12356/




 酒田健一会員が著書を出版されました(20173月)。
 『フリードリヒ・シュレーゲル「生の哲学」の諸相』http://rr2.ochanomizushobo.co.jp/products/978-4-275-02057-4




 加國尚志会員が著書を出版されました(20174月)。
 『沈黙の詩法 メルロ=ポンティと表現の哲学』 https://honto.jp/netstore/pd-book_28412818.html